不動産選びのポイント

不動産選びのポイント

不動産売却をするうえで必要な要素

2014年4月1日から消費税の税率がついに8%へとアップしました。
当然、不動産売却にも様々な影響が及ぶと考えられます。
できるだけ高く不動産を売却するためには、改めて不動産売却に必要な2要素を明確にしなければなりません。
一つは必ず複数の不動産に「相見積もり(あいみつもり)」を取ることです。
これはネットの業者をうまく利用するするのが賢い方法です。
見積もりは不動産屋によって、数十万~数百万円の差が出ることもあります。
複数の不動産屋に相見積もりしてもらうことで、自身の売家の相場を知ることもできます。
特に家を売る際はこちらを参考にしてみてください。
家を売る

「すぐに売却したい」という心を見せてしまえば、足元を救われる可能性もあります。
できるだけで不動産売却には時間を取ってください。

不動産の選び方のコツ

不動産の選び方は、いくつかあります。

例えば、購入価格と経過年数です。当たり前ですが、経過年数が経っているのに値段が高すぎるような物件は良くないと思います。経過年数から見て、妥当だと思われる価格で購入したほうが無難です。

購入価格と経過年数を見る選び方は、中古物件を選ぶときに有効な方法です。なぜ中古物件の選び方を紹介したかというと、リノベーションが流行っているからです。

リノベーションは中古物件を購入する必要があります。定番の選び方は中古でも新築でも、間取りで見ます。リノベーション物件の場合は、間取りよりも物件の広さを見ます。

リノベーションするなら、部屋の間取りを見る必要はありません。それは完全に改築してしまうからです。

不動産を選ぶ必要があるのは、新築か中古です。最近は太陽光発電やオール電化付きの不動産が人気です。
現在、手持ちの不動産があるなら、それを売却して、新しいものを購入するのも良いでしょう。
ちなみに中古物件は太陽光発電向きではないと思います。初めから太陽光発電の付いた新築物件が良いです。